top > サラシアについて
PRODUCTS

サラシアは、インドとスリランカといった熱帯地域に分布している、サラキア属植物の総称です。インドの伝承医学で薬用植物として使用され、糖尿病、肥満予防として、有効とされています。

サラシア 成分作用

肥満、糖尿病予防
サラシアに含まれる有効成分「サラシノール」並びに「コタラノール」が、小腸で糖分(二糖類以上)を分解する酵素
「αグルコシダーゼ」の働きを阻害します。
糖分が完全に分解されないため、必要以上のブドウ糖(単糖)が吸収されません
余分なブドウ糖が体内に吸収されないという事は、血糖値の上昇並びに血液中に糖分があふれることを抑制し、
ブドウ糖が脂肪に変換されることを抑制します。

サラシア

サラシアの歴史

サラシア サラシアは、インドやスリランカでは数千年の歴史を持つ「アーユルヴェーダ」(生命科学)において、古くから伝承医学として、糖尿病や肥満の特効薬として珍重されてきました。

「痩せるコップ」
その昔、美食を極めたスリランカの王候貴族はサラシアの幹で作られたコップに一晩水を入れ、食事とともにその水を飲み、糖尿病や肥満の予防に役立ててきました。コップを作れるほど成長した太い根や幹はとても稀少で、それを利用できたのは一部の上流階級に限られたと考えられます。
現在もサラシアのコップはスリランカで市販されています。


»ダイエットサプリメント“サラシアインストールD”の詳細はこちら


サラシアインストールD